あなたの外資系金融への転職活動を成功させるサイト

外資系金融で働くためには、『転職エージェント』を活用することが大切です。担当者との出会いが今後を左右します。1つでなく、できるだけ多くの転職エージェントを活用しましょう。たった一度の大切な人生のために、まずは登録から始めましょう。

外資系金融業界への転職を実現できる転職エージェント

1位:JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)


日本で28年の転職支援実績がある転職エージェントになります。外資系企業および外資系金融の求人案件と言えば、まずはJAC Recruitmentで間違いないでしょう。国内、外資系の求人案件に強いだけではなく、海外の求人案件にも強いネットワークを持っているので、海外勤務に興味がある方にもオススメです。

年収レンジでいえば、年収800万円以上の案件が豊富なため、これからキャリアアップを狙う人であれば必ず登録しておきたい転職エージェントになります。担当コンサルタントの方の丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートは非常に満足度が高いのも大きな特徴。外資系金融業界への転職を目指す方は必ず登録をしておきましょう。

2位:Recruit Agent(リクルートエージェント)


日本国内では圧倒的にトップクラスの求人数をほこるリクルートエージェント。日系企業に強みがあるイメージですが、外資系企業の求人案件にも強いのが大きな特徴です。大手ならではのサポート体制が魅力的で、土日・祝日・平日20時以降も転職の相談が可能。忙しいビジネスパーソンでも、余裕を持ったキャリア相談が可能となります。

また、キャリアアドバイザーの方が自分では気づかないスキルや価値を一緒に分析してくれるため、これまで自分で気づかなかった「強み」を知ることができます。外資系金融業界への転職はもちろん、プロフェッショナルな転職の提案を受けたいのであれば、リクルートエージェントへの登録は必須。転職成功実績が業界トップというのも納得のサポート体制です。

3位:Spring転職エージェント

非公開求人が80%のSpring転職エージェント。世界60の国と地域に5,000以上の拠点展開するグローバルなネットワークが強み。外資系金融への転職時に不安な英語の面接対策などのサポートだけではなく、優良外資系企業と信頼関係を築いている専任のコンサルタントが手厚く転職のサポートをしてくれます。また、コンサルタントの方は、企業の人事と直接やりとりをしているため、非常に的確なアドバイスを提供してくれます。外資系金融へのキャリアアップはもちろんですが、「転職には手厚いサポートが必要不可欠」という方にオススメの転職エージェントです。

知っておきたい転職エージェントが扱う非公開求人

外資系金融の求人案件のほとんどは「非公開求人扱い」となっているため、一般の転職サイトに求人が掲載されることは稀です。そのため、外資系金融に転職するためには、非公開求人案件へのアクセスが絶対条件となります。では、どのように「非公開求人」へアクセスすればいいのでしょうか?その答えが転職エージェントです。

転職エージェントの取り扱う求人案件の大半は「非公開求人案件」です。転職エージェントへ登録を済ませておけば、転職エージェントから非公開求人案件を紹介してもらうことが可能になります。もし現在外資系金融業界への転職を考えるのであれば、転職エージェントへの登録は必須です。必ず登録しておきましょう。

外資系金融への転職活動を有利に進めるためのノウハウ

転職市場における外資系金融業界の人気は非常に高く、ライバルが数多く存在します。加えて、転職市場に出回る外資系金融案件の数はそこまで多くないため、多くのライバルと少ない椅子を取り合うことになるのが外資系金融の転職マーケットの特徴です。できるだけ多くの情報を手に入れ、転職活動を少しでも転職活動を有利に進めましょう。

外資系金融の面接を突破するためのノウハウ

外資系金融で働くためには厳しい面接を突破しなくてはいけません。面接突破にはちょっとしたコツが必要です。面接突破のためのノウハウを書いていますので、是非参考にして下さい。

転職なら投資銀行・外資系証券を狙う

外資系金融へ転職するなら、まずは投資銀行・外資系証券を狙うべきです。投資銀行・外資系証券でキャリアを積んだ人材は転職マーケットにおいて重宝され、高く評価される傾向があります。また、外資系金融以外の業界(商社、コンサル、メーカーなど)へのチャレンジする場合においても、そこで手に入れたキャリアと経験は大きなプラスとして働くでしょう。なお、外資系金融の企業リストは以下のリンク先にまとめてあります。今後の転職活動の参考にして下さい。

外資系金融で働くということ


外資系金融で働くということは、ハードでタフな職場に身を置くということを覚悟しなければいけません。9時に出社、18時に帰宅、という平凡なライフスタイルを期待しているのであれば、外資系金融はあなたが目指すべき業界ではありません。

 

外資系金融で求められる資質とは?

外資系金融では「自分に出来ることは何なのだろうか?」ということを常に頭をフル回転で考えるだけではなく、それを実行に移す「行動力」が求められます。このような姿勢こそが、クライアントに対してコミットするということであり、自分たちの「価値」を提供することだからです。

クライアントに対して「価値」を提供するためには、いくつもの国をまたがるメンバーと共に夜中まで働くこともあり、時には帰宅が午前になることもあります。いわゆる「激務」と表現される状況ですが、これが当たり前の状況が中・長期間に渡って続くのが外資系金融です。これを聞いて「あ、自分には無理だな。」と思う方。そのような方は避けた方がいい業界であると言えます。しかし、「自分の力を試すには最高の職場だ。」そう思えるのであれば、もしかすると外資系金融業界は最高の職場になるでしょう。

外資系金融で働くということは簡単ではありません。しかし、そこから得られる達成感というのは他の業界では絶対に味わうことが出来ないものです。月並みな表現になりますが、自分の力を極限まで試し、そこで大きく自分を成長させる。そのようなストイックな姿勢を持っている方であれば、絶対に目指しておきたい業界が外資系金融になります。