「私の市場価値は?」自分の想定年収をたった5分でチェックする方法

あなたが転職をしたいと思ったきっかけは何でしょうか?

より大きなフィールドで仕事をしたい、今の仕事から学ぶことはなくなった、上司や同僚と合わないなど、ポジティブ・ネガティブ両方の側面において様々な理由があると思います。

ですが、その中でも一番大きな理由というのは、やはり「年収」ではないでしょうか。

 

自分自身の市場価値を知ることの大切さ

年収は自分自身の市場価値を測る物差しです。

高ければ高いほど人材マーケットにおける価値は高く、逆に低ければ低いほど価値は低くなります。

今の会社からもらっている年収は、あなたという人材の価値に対する評価と受け止めてもいいでしょう。

しかし、それが本当に適切であるかどうかを知る術は中々ありません。

もしかすると、他の会社からはそれよりも高い評価を受けるかもしれませんし、逆に低い評価を受けるかもしれません。

自分の市場価値を知らずに転職活動を進めることは、年収を下げてしまう(キャリアダウン)につながる転職活動をしてしまうリスクがあります。

転職活動を考えている人は、まずは今の自分の市場価値を知りましょう。

そして、

  • 今の会社からの評価が適切であるかどうか?
  • 転職候補先からのオファーが妥当であるか?

これらを知るための一つの目安とすることをオススメします。

 

MIIDASを利用して自分の市場価値をチェックしてみよう

自分自身の市場価値を知るためには、MIIDASを利用することをオススメします。

MIIDASを利用すれば、わずか5分ほどで自分自身の市場価値を知ることができます。

使い方は非常にシンプル。

少し解説をしてみたいと思います。

 

MIIDASを使って市場価値を調べる方法

MIIDASを使って市場価値を調べるためには、

  • プロフィール
  • 職務経歴
  • 実務経歴
  • 語学・資格

の4つのカテゴリーの情報を順に入力していく必要があります。

まずは、公式ページにアクセスし、「自分の市場価値を見る(無料)」をクリックしましょう。

 

プロフィール入力画面

「自分の市場価値を見る(無料)」をクリックすると、以下のような画面になります。

情報を入力していきましょう。

 

職務経歴入力画面

現在の在職状況について入力していきます。

入力を続けていくと、画面上の「選考条件に合致した企業」「想定オファー年収」の数字もそれに合わせて変化していきます。

 

実務経験入力画面

ビジネススキルなど、より具体的な実務内容について入力します。

 

語学・資格入力画面

語学スキルや資格の情報を入力します。

 

情報入力後の画面

全ての情報の入力が完了すると、以下のように「選考条件に合致した企業数」「想定オファー年収」の数値が表示されます。

あくまでも想定オファー年収ではありますが、おおよその自分の市場価値について数字で理解することができます。

なお、年収別に選考条件に合致した企業を見ることができますので、例えば年収1000万以上の企業の数についてもすぐに見ることができます。

MIIDASに登録をすれば、企業から直接オファーをもらうことが可能。

フェイスブック、もしくはメールアドレスを使って登録を進めていきます。

以上が、MIIDASを使って自分の市場価値を調べる方法になります。

情報の入力は非常に簡単で、おそらく5分もあれば入力することができます。

移動中や休憩中など、ちょっとした隙間時間を使って調べておくといいでしょう。

まとめ

以上、MIIDASを使って簡単に自分の市場価値を5分でチェックする方法について解説をさせて頂きました。

これから転職活動を本格的に始める方は、転職活動で後悔しないためにも自分の市場価値についてまずは理解しておきましょう。

自分の価値というのは普段意識する機会はあまりないかもしれませんが、このMIIDASを使えば簡単に市場価値を調べることができます。

ぜひ一度試してみて下さい。

最高のキャリアアップの秘訣
転職エージェントに必ず登録するようにしておきましょう

外資系金融に転職するためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。私はこれまでの外資系金融のキャリアにおいて、様々な転職エージェントを利用してきました。そのおかげで、世界的に有名な外資系銀行へとキャリアアップすることができました。私がこれまで利用してきた転職エージェントをご紹介したいと思います。