外資系金融のオペレーション部門の年収と転職方法の解説

外資系金融の仕事は、得られる収入が高いという傾向があります。では、一体どれくらいの収入を得ることが可能なのか?

今回の記事では、私が従事していたオペレーション部門を例に挙げて、外資系金融で得られる年収について解説をしてみたいと思います。是非参考にしてみて下さい。

外資系金融のオペレーション部門の年収の具体例

20代で得られる収入は約600万円~800万円のレンジ

私が外資系金融時代に従事していたポジションはオペレーション部門となります。営業やIBD(投資銀行部門)のようにバリバリ稼ぐことに主眼が置かれている部門というよりは、それらの部門を陰から支えるような部門です。

企業の視点から見れば直接利益を生むような部門ではなく、コストを生み出す間接部門という立ち位置です。そのような部門で働いていても年収は600万円から800万円のレンジ(※ボーナスは除く)でもらっていました。しかも、20代で、です。

月収で言えば、大体50万円から66万円の間。外資系金融にしては少ない方かもしれませんが、都内で一人で暮らすのには十分すぎるくらいの給料であるといえます。

日系企業であれば、年収600万円から800万円というレンジは大手総合商社などの一部の企業に限定されると思いますが、外資系金融では実力があれば例え20代でもこれくらいは余裕でもらえます。若くてもガンガン稼ぎたいような人にはピッタリの業界だと思います。

30代では年収は800万円以上となる

30代となり、さらに上の役職へ昇格すると、いよいよ年収1000万円を目指すような勢いになってきます。とはいえ、オペレーション部門の業務はそもそも利益に直接貢献する機会があまりなく、仕事のキャラクター上、評価(レビュー)に関しては減点方式が採用されることが多いです。

オペレーション部門の人員にはもともと給与が高く設定されているのでしょうか、30代で役職が上にいったとしても、そこから急速に給与が伸びるということはありません。むしろ緩やかに伸びるようなイメージです。

具体的に言うと、オペレーション部門のヘッドであれば1500万円くらいで頭打ち。例え50歳になったとしてもあまり年収は変わりません。営業職やIBDのように、20代~30代で年収2000万円以上を狙うのは少し厳しいような印象です。

オペレーション部門に勤務するメリット

オペレーション部門の給与は、外資系金融業界のポジションを相対的に比較した際、そこまで高くは設定されていません。ですが、営業職やIBDのようにノルマが設定されているわけではなく、比較的クビになりにくい部門であるといえます。(あくまでも外資系金融業界内での話ですが)

ローリターンではあるが、ローリスクである。

このような性質であるので、「日系企業よりは稼ぎたい、けれど、ゴリゴリの外資系金融はちょっと…」という人にピッタリの部署であると言えます。

男性と女性の割合で言えば、女性の方が比較的多いポジションでもあります。「海外留学の経験を活かしたい!」「英語のスキルを仕事でも活用したい!」そんなキャリア志向の女性にもオススメのポジションです。

外資系金融のオペレーション部門に転職する方法

転職エージェントを使って転職をする方法が一般的です。転職エージェントを選ぶ際は外資系に強いエージェントを選ぶと間違いありません。代表的なものでいえば、JAC Recruitmentです。転職エージェントを利用したことがない人は、まずはここに登録をしておくことをオススメします。

JAC Recruitmentへの登録は無料、面接対策などの転職サポートも無料となっていますのでリスクはありません。

転職エージェントの中でも良い求人案件を紹介してくれると私の周囲でも評判のエージェントです一度チェックしてみるといいでしょう。

まとめ

以上、外資系金融のオペレーション部門の年収について解説をさせていただきました。オペレーション部門の年収は、外資系金融の中ではそこまで高い方ではありません。しかし、その業務の性質を考えれば、ある意味狙い目のポジションであると言えます。少なくとも、日系企業において同一の業務に従事するよりは確実に高い給与を得ることができます。

個人的に、外資系金融への転職を狙う方にはオススメのポジションですので、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

>>JAC Recruitmentに無料登録する

最高のキャリアアップの秘訣
転職エージェントに必ず登録するようにしておきましょう

外資系金融に転職するためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。私はこれまでの外資系金融のキャリアにおいて、様々な転職エージェントを利用してきました。そのおかげで、世界的に有名な外資系銀行へとキャリアアップすることができました。私がこれまで利用してきた転職エージェントをご紹介したいと思います。