外資系金融への転職を実現させるためには、転職エージェント活用することが必要不可欠です。国内には様々な転職エージェントが存在するため、どのエージェントに登録をすればいいのか迷われる方もいます。そこで、本ページでは私がこれまで実際に利用してきたオススメの転職エージェントをご紹介したいと思います。外資系金融への転職を目指す方は、まずはこれらの転職エージェントへ登録をしておきましょう。

 

第一位:JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)


日本で28年の転職支援実績がある転職エージェントになります。外資系企業および外資系金融の求人案件と言えば、まずはJAC Recruitmentで間違いないでしょう。国内、外資系の求人案件に強いだけではなく、海外の求人案件にも強いネットワークを持っているので、海外勤務に興味がある方にもオススメです。

年収レンジでいえば、年収800万円以上の案件が豊富でなため、これからキャリアアップを狙う人であれば必ず登録しておきたい転職エージェントになります。担当コンサルタントの方の丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートは非常に満足度が高いのも大きな特徴。外資系金融業界への転職を目指す方は必ず登録をしておきましょう。

第二位:Recruit Agent(リクルートエージェント)


日本国内では圧倒的にトップクラスの求人数をほこるリクルートエージェント。日系企業に強みがあるイメージですが、外資系企業の求人案件にも強いのが大きな特徴です。大手ならではのサポート体制が魅力的で、土日・祝日・平日20時以降も転職の相談が可能。忙しいビジネスパーソンでも、余裕を持ったキャリア相談が可能となります。

また、キャリアアドバイザーの方が自分では気づかないスキルや価値を一緒に分析してくれるため、これまで自分で気づかなかった「強み」を知ることができます。外資系金融業界への転職はもちろん、プロフェッショナルな転職の提案を受けたいのであれば、リクルートエージェントへの登録は必須。転職成功実績が業界トップというのも納得のサポート体制です。

第三位:Spring転職エージェント

非公開求人が80%のSpring転職エージェント。世界60の国と地域に5,000以上の拠点展開するグローバルなネットワークが強み。外資系金融への転職時に不安な英語の面接対策などのサポートだけではなく、優良外資系企業と信頼関係を築いている専任のコンサルタントが手厚く転職のサポートをしてくれます。また、コンサルタントの方は、企業の人事と直接やりとりをしているため、非常に的確なアドバイスを提供してくれます。外資系金融へのキャリアアップはもちろんですが、「転職には手厚いサポートが必要不可欠」という方にオススメの転職エージェントです。

転職エージェントを活用するコツ

転職エージェント毎に紹介できる求人案件に違いがあります。後悔しない転職活動をするためにもできるだけ多くの転職エージェントに登録をしておき、様々な求人案件の中から応募案件を検討することをオススメします。私の体験上、外資系金融への転職を目指すのであれば、ここで紹介している3つの転職エージェントへの登録をしておけば安心です。

関連記事:外資系金融を3社渡り歩いた私が転職エージェントの活用をオススメする理由とは?

関連記事:外資系金融の求人案件は転職エージェントを使って探しましょう

最高のキャリアアップの秘訣
転職エージェントに必ず登録するようにしておきましょう

外資系金融に転職するためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。私はこれまでの外資系金融のキャリアにおいて、様々な転職エージェントを利用してきました。そのおかげで、世界的に有名な外資系銀行へとキャリアアップすることができました。私がこれまで利用してきた転職エージェントをご紹介したいと思います。