初めての外資系企業への転職でも安心、英文履歴書の書き方について

自分のやりたいことやより良い条件で働きたい、キャリアアップをしたいなどの理由で外資系企業への転職を目指す人も多くなっています。外資系企業への転職時に気になるのが、英文履歴書の書き方です。ここでは、英文履歴書の書き方や気を付けるべきポイントについて触れています。初めての外資系企業への転職を検討している人必見です。

英文履歴書を書く上で押さえたい5つのポイント

結論を先に書こう

英語は文法上、結論を先に表現する言語です。英文履歴書もまず結論や伝えたい事、重要な事から書くようにします。

学歴・職歴は新しいものから書く

日本の履歴書は学歴・職歴は古い物から書きますが、英文履歴書は最新のものを最初に書き、その後新しい物順で書いていきます。前述の通り、英語は結論や伝えたい事を先に表現する言語の為、一番今の自分に近い学歴や職歴から書くのが英文履歴書のルールです。日本語は逆なので注意しましょう。

趣味・特技の欄はない

日本の履歴書には、趣味や特技の欄があります。一方で英文履歴書にはこれらの欄がありません。なぜなら、仕事に関係のない項目だからです。仕事に関係のある項目のみ書きます。

簡潔に、分かりやすく書く

英語では日本語のような回りくどい表現を嫌います。それと同じく、英文履歴書も簡潔にまとめなければいけません。仕事に関係のない欄がない事に加えて、不要な情報は入れず、分かりやすく、かつシンプルにまとまった履歴書が好印象となります。

見栄えも大切に

日本の履歴書や職務経歴書もそうですが、せっかく内容がまとまっていても読みづらいと感じる英文履歴書では、手に取ってもらえる可能性も低くなってしまいます。体裁を読みやすく整える事も、英文履歴書作成において求められます。また、英文におけるビジネスシーンに最適なフォントはCenturyやTimes New Roman、Garamondとなっていますので、いずれかを選択し、全てのフォントは統一して使用するようにしましょう。

手順別、英文履歴書の作成方法

用紙はA4サイズを使用しよう

英文履歴書に使われるサイズは215.9mm×279.4mmのレターサイズと呼ばれるサイズが一般的です。このサイズに近いのが日本のA4サイズですので、A4サイズで代用しても問題ありません。日本に企業のある外資系企業に応募する場合はもちろん、外資系企業の本社のある海外に送付する場合でも大丈夫です。

枚数はできれば1枚に、多くても2枚まで

分かりやすく簡潔にまとめるのが、英文履歴書作成のコツです。枚数の多い履歴書は目を通してもらえない可能性もあります。枚数はできれば1枚に、もしも多くなっても最大2枚以内に収めるようにしましょう。

英文履歴書のフォーマットを利用する

自分で英文履歴書を作成できる自信がない時には、インターネット上で公開されている英文履歴書のフォーマットを利用する、外資系企業への転職に強い転職エージェントに相談して、作成の指導を受けるなどの方法もあります。

英文履歴書に入れるべき項目について

氏名と連絡先 PERSONAL INFORMATION

例:

Taro Rireki

2-1-1 Kounandai, Sakae-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2××-××××/(+81)-90-××××-××××/tarorireki@××.××.ne.jp

氏名は大きく、英文履歴書のタイトル部分として中心に置きます。

住所は番地→町名→区→市町村名→都道府県、郵便番号の順に記載します。

また、電話番号は日中連絡が付きやすい携帯電話の番号などにします。メールアドレスは文字化けを防ぐなどの理由から、パソコンで受信できるメールアドレスを設定しましょう。

技能 QUALIFICATIONS

取得した資格や、今までの職務で培った経験や特技を記入します。また、記入の際には「営業職に従事し、〇年連続で予算目標を達成した」など、具体的な数値を入れると信憑性が増し、効果的に相手に伝える事ができます。

例:Achieved 100% over of individual target on average for last 5 years.「五年連続で個人売上目標の100%以上を平均して達成しています」

職歴 EXPERIENCEまたはPRESONAL EXPERIENCE

職歴を新しい物から順に書いていきます。もしも、転職経験が多くても、4つ以内の職歴にまとめるようにしましょう。在籍していた会社名、あれば肩書、職務内容、実際に達成した業績などを記入します。

例:Successfully led multiple marketing planning with multiple clients as marketing assistant.

「企画部の社員として、多くの顧客のマーケティング企画に携わり成功させた実績があります」

また、職歴については”EXPERIENCE”と書くのが一般的ですが、専門職を長い期間経験している場合、もしくは管理職の経験がある時には” PERSONAL EXPERIENCE”とすると、より経験が豊富な印象を与えられます

学歴 EDUCATION

日本の履歴書では卒業した学校名や学部を書きますが、英文履歴書の場合には取得した学位を書き、その後大学名や所在地、所属した年数を書きます。もしも、高卒などで取得した学位がない時には、学校名から書き始めて問題ありません。

例:4年生大学卒業で学士を取得: Bachelor of ~/~学(学部名)の学士

Bachelor of Science(理学士)、Bachelor of Education(教育学士)

大学院卒業で修学士を取得: Master of ~/~学(学部名)の修士

大学院卒業で博士号を取得: Doctor of ~あるいはPhD in ~/~学博士号

レファレンス(REFERENCE)

REFARENCEとは、採用先の企業が、応募者の能力や経験の真偽の紹介を第三者に求める事です。日本の採用における保証人制度と似ています。REFARENCEが応募要項に求められている場合がありますので、その時には在籍していた企業の上司や同僚、お世話になった母校の恩師などにREFARENCEになってもらえないかを打診しましょう。

最高のキャリアアップの秘訣
転職エージェントに必ず登録するようにしておきましょう

外資系金融に転職するためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。私はこれまでの外資系金融のキャリアにおいて、様々な転職エージェントを利用してきました。そのおかげで、世界的に有名な外資系銀行へとキャリアアップすることができました。私がこれまで利用してきた転職エージェントをご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です