外資系金融で上司から気に入られる3つの方法

外資系金融では上司から気に入られると出世がしやすいです。

外資系金融では上司が人事の権限を持っており、気に入られることにより評価が上がることがあります。

非常にフェアな職場で知られている外資系金融ですので、こんなことを書くとビックリされる方もいるかもしれませんが、上司といえども人間です。

気に入った部下というのは可愛いものなのです。

では、具体的にどのようにすれば上司から気に入られるのか。

次に詳しく解説をしていきたいと思います。

 

上司から気に入られる3つの方法

1. 頼まれたタスクは期限以内に必ず終わらせる

goal

外資系金融では日々数多くのタスクをこなさなければいけませんが、一番優先しなくてはいけないのが上司から依頼されたタスクです。

このようなタスクは「ASAP」という件名と、重要度高のマークがついたメールで届けられることが一般的です。

外資系金融の上司は非常にせっかちで、そして時間に関しては人一倍うるさい傾向があります。

その理由としては、彼らも数多くのタスクに日々追われており相当な激務をこなしているからです。

面倒で細かいタスクを期限以内に必ず終わらせてあげる。

当たり前の話ですが、この当たり前を積み重ねることが上司からの信頼を獲得することに繋がります。

「使える部下」であることを印象付けることができれば、出世への道も近くなるでしょう。

ワンポイントアドバイス

外資系金融には多くの優秀な人が働いている職場ですが、この当たり前のことをコツコツと出来る人というのは案外少ないもの。このような小さなことを積み重ねることにより上司から信頼を得ることができ、出世の可能性が高まります。

2. プライベートの頼まれごとも率先して引き受ける

private

上司から気に入られるためには、仕事をきちんと遂行するということもそうですが、お世辞を言う、身の回りの細かい要求に答える、プライベートでも食事にいく、休日にショッピングに付き合うなど、仕事以外のプライベートでも努力をする必要があります。

「なんでそんなことをしなければいけないのか?」

と思うと同時に

「本当にそれで効果があるのか?」

と思う方もいるかもしれませんが、プライベートでの奉公は意外と効き目があります。

プライベートでテキパキとした段取りを発揮すると、そこはきちんと評価されます。

他の同僚に先駆けて自分をアピールできるメリットもあるので、このような機会をうまく使って自分をアピールすることが大切です。

基本的に、外資系金融の上司からプライベートに近い頼まれごとをすることがあった場合は、喜んで引き受けるようにしましょう。

近い将来、必ず良いことがかえってくるはずです。

ワンポイントアドバイス

私が過去に上司から頼まれたことを挙げてみると、宿泊するホテルの手配、コーヒーの買い出し、オススメのレストラン探しなどがあります。業務とは直接関係のないものばかりですが、率先してやっておくとかなり印象が上がります。

3. 上司の意見には逆らわない

say yes

外資系金融では縦のラインが絶対です。

役職が上の者の依頼に対して下のものが拒否、難色を示すということは、あまり好ましいことではありません。

上司からの依頼や頼まれごとに関しては、基本的に「Yes」と返事をしましょう。

真面目で忠誠心があるという印象を与えることができます。

外資系金融と聞くと、「風通しがいい」「意見が言いやすい」というイメージがありますが、それと社内の組織・役職は別の話です。

あくまでも部下は部下、上司は上司。

外資系金融の社内では組織の秩序が優先されることが多いので注意が必要です。

こぼれ話!?

事実、私も過去に上司からの依頼に対して、意図がわからなかったためあやふやな返事をしてしまったら、そこから思いっきり人事評価を下げられたことがありました。

4. 仕事の結果を数字で出してあげる

result

外資系金融の上司は、基本的に仕事の「プロセス」よりも「結果」を見て評価をする傾向にあります。

そして何より、数字に対して非常に敏感です。

その仕事を通じて

  • 一体どれだけの売り上げが会社にもたらされたのか?
  • 一体どれだけのコストが削減できたのか?

ということを数字ベースで報告ができると非常に評価が上がります。

逆に、

「◯◯のモチベーションを上げた」

とか

「◯◯から良い感触をもらった」

というような、当人でなければわからない、かつ数値化できないような報告ばかりだと「結果」を出しているとは見なされない可能性があります。

プロセスではなく、あくまでも数字ベースの結果。

これを意識して報告をすると、上司から引き上げてもらう可能性が非常に高まります。

 

まとめ

以上、として「上司から気に入られる3つの方法」について詳しく解説をさせていただきました。

繰り返しになりますが、外資系金融においては上司は絶対的存在です。

このルールを知っておくだけで、社内の出世レースおよびキャリア形成で有利に動くことができるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

最高のキャリアアップの秘訣
転職エージェントに必ず登録するようにしておきましょう

外資系金融に転職するためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。私はこれまでの外資系金融のキャリアにおいて、様々な転職エージェントを利用してきました。そのおかげで、世界的に有名な外資系銀行へとキャリアアップすることができました。私がこれまで利用してきた転職エージェントをご紹介したいと思います。