外資系金融への転職を有利に進めるために必要な資格とは?

 

転職市場において、外資系金融の求人案件というのは人気が高く、ややハードルが高いという特徴があります。

そのため、外資系金融への転職を成功させるためには、他の応募者よりも有利に選考を進めるために資格取得が有効策となります。

資格を取得しておけば、外資系金融の書類選考にパスする(=面接の機会を得る)確率が格段に上がります。

外資系金融への転職を実現させるためには、まずは書類選考にパスし、面接を受けることができなければ話になりません。

まずは書類選考に勝ち抜き、面接にたどり着くことが転職活動を成功させる秘訣です。

では、具体的にどのような資格が役に立つのか、私の体験ベースを元にまとめてみたいとおもいます。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

外資系金融への転職を有利に進めるために必要な資格

資格1:MBA(経営学修士)

今の社会は昔ほど学歴を重視しないような雰囲気があります。

しかし、外資系金融業界は依然として学歴を重視する業界であり、高い学歴を持てば持つほど転職が有利となります。

私が海外の外資系金融で採用を担当した時も、採用する人に関しては学歴を重視していまし、高い学歴であればあるほど一定の評価をしていました。

その中でもMBA(経営学修士)取得者に対する評価は高く、取得していると転職活動を進める上で大変有利です。

MBAを取得できる環境にいる人は、取得しておくことをオススメします。

一度MBAを取得しておくと、それは一生履歴書に書ける学歴となります。

今後の転職活動を有利に進めたい人は、積極的にMBA取得を目指すことをオススメします。

ワンポイントアドバイス

外資系金融ではMBAを取得していることは珍しくありません。私が一緒に働いていた同僚の多くがMBAを取得していました。ゴールドマンやJPモルガン、ドイチェあたりのレベルの外資系金融を狙うのであれば、MBAを持っていれば転職活動を相当有利に進められるでしょう。

資格2:TOEIC

TOEICの点数が高さと、実際のビジネスの場における英語のコミュニケーション能力の高さとはあまり関係がありません。

ですが、採用担当者の立場からすれば、TOEICのスコアは応募者の基礎的な英語のボキャブラリーの把握するためには非常に役に立つ指針です。

そのため、外資系金融用の書類の選考において、TOEICのスコアはその人の英語のスキルを知る貴重な物差しとなります。

スコアが高ければ高い方が書類選考に通る確率は上がり、外資系金融を狙うのであれば900点以上あれば申し分ないでしょう。

800点台でも問題ありませんが、より書類選考にパスをする確率を高めるためには900点台を狙いたいところです。

 

まとめ

以上、外資系金融への転職を有利に進めるために必要な資格となります。

まとめると、

  • MBAのような高い学歴を示す資格
  • 英語のスキルを客観的に示すスコア

この2つの資格を持っていれば、転職活動を進める上で非常に有利となります。

外資系金融は「学歴」と「英語」の2つが重要な要素であることを覚えておきましょう。

最高のキャリアアップの秘訣
転職エージェントに必ず登録するようにしておきましょう

外資系金融に転職するためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。私はこれまでの外資系金融のキャリアにおいて、様々な転職エージェントを利用してきました。そのおかげで、世界的に有名な外資系銀行へとキャリアアップすることができました。私がこれまで利用してきた転職エージェントをご紹介したいと思います。