転職の準備まとめ

外資系金融への転職活動に必要となる情報についてまとめています。

これからの転職活動に役立ててください。

 

外資系金融への転職活動の準備まとめ

英語の履歴書を準備する

外資系金融への転職活動の準備として、まずは英語の履歴書を準備しておきましょう。

英語の履歴書は、転職エージェントへ登録する際にも提出が求められます。

まずはしっかりとした英語の履歴書を作成することが大切です。

関連記事:初めての外資系企業への転職でも安心、英文履歴書の書き方について

転職エージェントへ登録する

外資系金融の求人案件のほとんどは「非公開求人案件」となっており、一般の転職サイトで後悔されるケースは稀です。

そのため、外資系金融業界への転職活動は転職エージェントに登録をすることがファーストステップとなります。

登録後は、転職エージェントと面談。

ヒアリングの結果をベースに求人案件を紹介してもらうようなスタイルが一般的です。

なお、転職エージェントへの登録は無料となっている場合がほとんどですので、気軽に登録ができます。

まずは登録をしておき、転職エージェントといつでもコンタクトが取れるような状況にしておくと、いざ転職活動となった時に素早く動くことができます。

関連記事:外資系金融の求人案件は転職エージェントを使って探しましょう

転職サイトへ登録する

転職エージェントを利用すると、転職エージェントが代わりに動いてくれますので転職活動がスピーディーに進むというメリットがあります。

しかし、中には転職活動じっくりマイペースで進めたい方もいます。

そのような方は、転職サイトを利用することをオススメします。

国内の一般的な転職サイトは外資系金融のようなハイクラスな案件を取り扱っているサイトが少なく、正直そのような転職サイトでは物足りなさを感じることがあります。

利用するのであれば、ハイクラス層をターゲットにした転職サイトにしましょう。

でなければ、いつまで経ってもお目当ての求人案件に出会うことができませんし、そもそもキャリアダウンとなるような案件を掴んでしまうこともあります。

ここは、ハイクラス層をターゲットにした転職サイトであるビズリーチ一択で問題ありません。

ビズリーチは、登録をしておくことによりヘッドハンター、企業の人事、転職エージェントから直接スカウトを受けることができるユニークなサービスの転職サイトです。

抱えている求人案件もレベルが高く、年収1000万円の案件もしっかりと確保しています。

外資系金融を狙うようなハイクラスな方であれば、絶対に登録しておきたい転職サイトです。

なお、登録の際にプロフィールを詳細に記載しておくと、スカウトの率や質が大きく向上しますので、情報入力はしっかりと行うことをオススメします。

面接の対策をする

書類選考が通れば、いよいよ面接となります。

通常、外資系金融の転職の面接のプロセスは

  • 一次面接
  • 二次面接
  • 最終面接

となり、最終面接は部門のヘッドが担当することが一般的です。

部門のヘッドは外国人である場合がありますので、日本語だけではなく、英語による面接の対策が必要となります。

関連記事:外資系金融の外国人との面接に合格するための4つのコツ