転職エージェントについて

外資系金融に転職するためには、転職エージェントを活用することが一般的です。

外資系金融の求人案件というのは、その多くが非公開の案件として取り扱われています。

そのため、私たちが普段閲覧しているような転職サイトなどに公開されることは非常に稀です。

転職エージェントでは非公開求人を紹介してくれるメリットがあります。

外資系金融への転職を考えている人は、まず転職エージェントに登録をするところから始めましょう。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職したい求職者と人材を探している企業とをマッチングさせるサービスのことになります。

転職エージェントに登録をすると、担当のコンサルタントが希望にマッチした求人案件を紹介してくれます。

もし、気に入った求人案件があれば応募。

そこで求職者が転職が決まれば、コミッションフィー(成果報酬)が企業から転職エージェントへと支払われます。

コミッションフィーの金額ですが、転職者の年収の20〜30%が一般的な相場と言われています。

企業から転職エージェントへお金が支払われるスキームとなっていますので、求職者が転職エージェントに対してお金を支払うことは基本的にはありません。

転職エージェントを使う3つのメリット

1. 自分で動かなくていい

エージェントという名前のとおり、求職者と求職者を探している企業の間で動いてくれます。

いわば、架け橋のような存在です。

自分が忙しい時、自分が仕事をしている時、自分の代わりに動いてくれるので非常に楽です。

また、ほぼ全ての転職エージェントでは転職のサポートを無料で行っています。

普段仕事で忙しいビジネスパーソンであれば、転職エージェントを使わない手はありません。

 

2. 言いにくいことを言ってくれる

就職や転職をする時には必ず給料に関する確認があります。

もし、提示された金額に納得がいかなければ企業と交渉ということになりますが、一個人が転職先の企業と交渉をすることは非常に難しいことです。

こちらが雇用してもらう立場であろうが、こちらがヘッドハンティングをされる立場であろうが、個人と企業とでは交渉の際のパワーが違います。

また、こうした交渉ごとが難航してしまい、今後一緒に働くことになる相手先に対して心象を悪くしてしまっては元も子もありません。

このようなセンシティブな事態においては、転職エージェントをうまく活用するといいでしょう。

言いにくい給料の交渉ごとやその他の待遇の要求に関しても、間に立ってもらっているからこそ言いやすいこともあります。

 

3. 非公開求人を紹介してくれる

転職サイトに掲載されている求人案件はほんの一部です。

人材マーケットにはその他にも「非公開求人案件」というものが存在します。

このような非公開案件は転職エージェントを通じてでなければ紹介されることはありません。

また、このような非公開求人案件ほど応募先の企業のレベルが高く、給料や条件などが良い傾向にあります。

非公開求人にアクセスするためには転職エージェントに登録をする必要がありますので、

キャリアアップを狙う方は、転職エージェントに登録をすることがファーストステップとなります。

転職エージェントを使った転職活動フロー例

以下、転職エージェントを使った転職活動のフローの一例になります。

  1. 転職エージェントへ登録

    外資系金融に転職するためには、まず始めに転職エージェントへ登録をします。ほとんどの転職エージェントは登録が無料となっています。登録したからといってすぐに転職活動をする必要はありません。プロフェッショナルな視点から今後のキャリアのアドバイスをもらうことが可能ですので、まずは気軽に登録しておきましょう。

    登録後、担当のコンサルタントの方との面談があります。面談では今後のキャリアの展望や今の自分の市場価値などをさっくばらんに相談することをオススメします。

  2. 書類選考・面接開始

    転職エージェントの担当コンサルタントがあなたの経歴にマッチした求人案件を紹介してくれます。納得がいく転職ができるよう、できるだけ要望(例:給与、福利厚生など)は伝えるようにしましょう。気に入った案件があったら応募します。そこから正式に書類選考が行われ、書類選考に合格をすると面接が始まります。転職エージェントの担当コンサルタントから求人案件に関する情報をあらかじめ手に入れておくと、スムーズな面接をすることが可能になります。

  3. 内定・勤務開始

    面接による選考に合格すると内定をもらいます。内定をもらった後は正式な勤務開始日を設定します。入社にあたり、これから担当する職務に関する取り決めが書かれたJob Descriptionや、社内のコンプライアンスの規定、場合によってはNDAなどへのサインが必要になります。外資系金融で働き出すと非常に忙しい毎日を過ごす傾向にあります。勤務を開始する前にはあらかじめ身の回りの必要な準備しておきましょう。

 

転職エージェントを活用するコツ
・転職エージェント毎に紹介できる求人案件に違いがあります。後悔しない転職活動をするためにも、できるだけ多くの転職エージェントに登録をしておき、色んな求人案件を紹介してもらうことをオススメします。