Fラン大学出身でも外資系金融に就職する一番現実的な方法

外資系金融業界で働くためには高い学歴が求められます。

Fラン大学生のような学歴が低い人材はどのようにすれば外資系金融で就職できるのか?

現実的な方法を考えてみたいと思います。

 

Fラン大学生にとって外資系金融は大きなチャレンジである

まず、Fラン大学生が真正面から外資系金融の職場に就職しようと思っても、それは成功する可能性が非常に少ないチャレンジであることは理解しておかなければいけません。

外資系金融の会社に入社するためには書類選考面接を乗り越えなければいけないのですが、外資系金融の企業から求職者に対して求められるハードルは日系企業よりも高いです。

残念ながら、Fラン大学生がそれを乗り越えるための「武器」を持ち合わせてはいません。

Fラン大学生が外資系金融へ就職をしようとしているということ自体、非常に大きなチャレンジであるという認識を持っておきましょう。

 

学歴が無ければ経歴を創る

そもそもですが、Fラン大学生には人に誇れる学歴がありません。

学歴という「武器」がなければ書類選考を通る可能性は低くなります。

であれば、学歴ではなく経歴で勝負するしかありません。

具体的に言えば、一旦は同じ金融業界の会社に就職し、そこである程度結果を出してから外資系金融にチャレンジするということです。

一見回り道のように思うかもしれませんが、実はこれが一番成功率が高い方法となります。

学歴のように弱みを持っている分野で勝負するのではなく、自分が勝てる可能性が高いフィールドを今後構築し、そこで勝負するということです。

 

Fラン大学生が取るべき現実的なステップとは?

外資系金融で働きたいFラン大学生にとって理想的なステップとしては、

  1. まずは日系の金融機関に就職する
  2. キャリアを積む
  3. 外資系金融に就職する

という順番でキャリアを築いていくことです。

まずは日系の金融機関で知識・経験を積む。

この”初めの一歩”が非常に大切です。

まずはハードルが低い会社に入社し、そこで知識と経験を積む。

次は、その経験を活かし、外資系金融への転職へと行動を移していくのです。

「それでもハードルが高い!」

と思うかもしれませんが、そもそも外資系金融業界への就職・転職自体の難易度は高いのです。

それは、Fラン大学出身であろうが、東大出身であろうが変わりません。

厳しいように聞こえるかもしれませんが、これが外資系金融へ就職したいFラン大学生が取るべき一番現実的なキャリアの歩み方になるのです。

 

最初の就職先選定の際の注意点

ここで注意しておかなければいけないのが、一番最初の就職先にどのような金融機関を選択するのかというところです。

一口に金融と言っても、株式、債券、投資信託、為替(FX)、商品など、様々な分野が存在し、それぞれの分野において専門的な知識や経験に違いがあります。

また、商業銀行、投資銀行、証券会社、ブローカー、保険など、会社の業務内容も多岐に渡ります。

Fラン大学生にとってオススメは為替(FX)です。

為替はFX会社が位置する金融のセグメントになるのですが、FX会社は比較的入社しやすく、例えFラン大学生であっても書類・面接でのアピール次第では十分入社できる可能性があります。

FX会社で働けば、取引システム・為替に関する知識と経験を積む事ができ、場合によっては海外とのやりとりも経験することができます。

英語を使った業務経験は外資系金融において必ず求められますので、来るべき将来の転職活動の際に大きなアピールポイントとなるでしょう。

>>リクナビNEXTでFX会社の求人を探す

 

まとめ

まずはFX会社に就職し、そこで誰にも負けないくらいの知識と経験を積む。

そして、それを活かして外資系金融へ転職する。

これこそがFラン大学生が取るべき現実的なステップとなります。

世の中、高い学歴=良い人間、という図式は必ずしも当てはまりませんが、

  • 持っている知識が豊富
  • 高い理解力を有している
  • 努力ができる人材である
  • 「受験戦争に勝った」という成功体験をしている

という点が客観的に証明できるため、就職活動時の選考の際に高い学歴が評価されるのは当然のことです。

しかし、Fラン大学生にはそれがありません。

それを無理やりに埋め合わせるのではなく、より可能性の高いフィールドで勝負する。

回り道となるかもしれませんが、これこそが現実的な行動プランとなります。

 

Fラン大学生でも、きちんとしたステップを踏めば外資系金融で働くことができます。

最初から諦めず、賢く情報収集してキャリアパスを設定していきましょう。

最高のキャリアアップの秘訣
転職エージェントに必ず登録するようにしておきましょう

外資系金融に転職するためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。私はこれまでの外資系金融のキャリアにおいて、様々な転職エージェントを利用してきました。そのおかげで、世界的に有名な外資系銀行へとキャリアアップすることができました。私がこれまで利用してきた転職エージェントをご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です